酢之宮だより

搾りが終わりました

搾りが終わりました!

なんとか連休を前に終えることができました。

 

3週間足らずでしたが、休みなしの体力仕事、家族総出の作業です。

少しずつ変わっていく醪の味や香りに、生きているんだなぁと感じる毎日でした。

 

 

 

 


0 コメント

4月といえば

今年も搾りが始まりました。

工房には甘酸っぱい香りが広がります。

 

搾り終わった醪は堆肥にしますが、その前にちょっとつまみ食い。

初日は酸味より甘味が強かったのですが、徐々に酸味が増えていくのを感じます。

 

さて、搾りは体力勝負。

待ったなしです。

 


春の小さな楽しみ

薪小屋の脇に、明日葉が生えてきました。

つやつやな新芽はお味噌汁が定番です。

春の楽しみがここにもありました。


0 コメント

早いもので…

タケノコが出てきました。

 


0 コメント

香取神宮の桜

思わず見上げてしまう、空と桜と緑でした。


0 コメント

美味しそうな

キノコが生えました。

0 コメント

足元を見たら

いつの間にか春ですね。


0 コメント

3.11

今日は、地震を起こす大鯰の頭と尾を抑えているという、鹿島神宮と香取神宮の要石に、お参りをしてきました。

 


0 コメント

見上げた先には…

洗濯物を干しに出た際に、ふと庭を見上げたら、お花畑が。

何のお花かと近づいたら、蕗の花でした。

 

食べごろを逃してしまいましたが、こんな楽しみ方も悪くないです。


0 コメント

山積みの薪

窓脇に置かれた山積みの薪は、息子とその友達が割ってくれたものです。

 

斧を振り下ろして割る。

 

一見危なさそうですが、コツと注意点を教え見守ります。

子供たちが緊張感をもって振り下ろす斧は、下ろす度に勢いがついてきます。

 

一度や二度では割れない丸太。

何度か振り下ろし、パカンと割れたときの感触と感動は子供たちを見ていると伝わってきます。

 

 

どれだけ夢中でやったのかは出来上がった山を見て分かりました。

 

がんばったね。ありがとう。お疲れ様でした。

おかげで暖かい夜が過ごせました。

 


0 コメント