酢之宮だより

ブログ

香取の杜から、折々のたよりをお届けします。

左のカテゴリボタンから、過去の酢之宮だよりをお読みいただけます。

Facebookでも皆様とつながっていきたいと願っておりますので、ぜひ覗いてみてください。

年納め

お餅をついて、香取神宮と奥の宮に晦日参りをしました。

蕎麦のために湧水を汲みに行き、息子と一緒に蕎麦を打ちました。

これらを終えると、今年もやり切ったような気持ちになります。

 

今年一年、大変お世話になりました。

皆様との出会い、お言葉、起こった出来事、すべてに感謝して。

柿の神髄がくれたご縁を大切に繋げていこうと思います。

 

来年も変わらずのご愛顧、どうぞよろしくお願いいたします。

2023年も、皆様にとって素晴らしい一年となりますこと、願っております。

 

酢之宮醸造所

代表 宮嵜博之

 

 

 

 

 

 

しょうがの収穫

しょうがの収穫をしました。

これをきれいに洗って、柿の神髄に漬けます。

 

柿の神髄に漬けると、とても日持ちがするので、大量に作って保存調味料として使っています。

 

ざっと洗った後は、細かくちぎって細部の泥を落とします。

結構時間がかかってしまい、気が付いたら真っ暗に。

今日はここまでにします。

 

来月の伊勢丹浦和店さんの催事で販売します!

新しいお取引が始まりました

柿の神髄を店舗販売してくださるお店が増えました。

 

六本木ヒルズ ヒルサイドB1にございます

g-KEYAKIZAKAさまです。

 

国内外の「本物の価値」と「新しい価値」を併せ持つ商品を取りそろえたセレクトショップです。

見ているだけで楽しくなるお店です。

 

お近くをお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


仕込が始まっています

仕込が始まっています。

この時期は家族総出で頑張ります!

 

酢之宮が現在使用している柿は、西村早生という品種です。

黒糖のような甘みが特徴の不完全甘柿です。

茨城県の献上柿の農家さんと契約し、毎年譲っていただいております。

 

酢之宮の柿の木も順調に育っています。

柿酢ができるまであと何年でしょう。

 


コリンキーのピクルス

今が旬のコリンキー

そのままサラダでも食べられますが、ピクルスにすると甘酸っぱくて、つい手が出る美味しさです。

 

作り方は簡単!

①コリンキーの皮と種を取って、薄くスライスします。

②煮切って冷ましたみりんと、柿の神髄で漬け液を作ります。(甘さはお好みで)

③ビニール袋にスライスしたコリンキーを入れて②を加えて、冷蔵庫で一晩。

 

甘さや酸味はお好みで調節してください。

 

こんぴらさん

こんぴらさんにお参りに行ってきました。

 

道中のきれいな景色や、行きかう人との挨拶。

朝の澄み切った空気と景色は格別です。

でも汗だく(笑)

 

こうしてお参りできること、頑張ってくれた足に感謝です。


レシピが追加されました

お酢が苦手な息子のために作っているジュースをレシピ化しました。

 

小さなお子さんや、胃が弱い方でも安心していただけます。

 

とろみ加減は、豆乳と柿の神髄のバランスで決まります。

お好きなとろみを見つけてください。

 

レシピページはこちら

 

 

搾りが終わりました

今年も無事に搾りが終わりました。

 

腰を痛めずに終わることができたので、ひと安心です。


新しいレシピが追加されました

新しいレシピが仲間入りしました。

 

つい手が伸びる、茎わかめの酢醤油漬けです。

 

まろやかな酸味と、あまじょっぱい醤油が茎わかめの旨味を引き出してくれています。

 

 

さっと茹でて漬けるだけ。

柿の神髄の漬けるだけシリーズをぜひお試しください。

 

レシピ一覧はこちら

新しいタンクが開きました

新しいタンクが開きました。

 

柿の風味とほのかな甘みを感じる深い味わい。

 

これは、美味しいです。

 

ぜひ味わってみてください。

※新タンクは現在レギュラーボトルのみの販売です。