誰が為に

今日の夕方、電話がかかってきました。

「宮嵜さん?今から行くから!場所どこだっけ?」

耳を少し離したくなるほど元気なお声に、驚きながらも行き方を説明しました。

その後も、何度も電話をしてはなかなかお会いできず、お迎えに行ってようやく会えました。

 

いらしたのは、78になる男性で、とても元気な声でお話してくださいました。

「実は去年ガンが見つかって余命1年って言われてね、来月でその1年になるんだ。でも働かないといけないんだよ。手術したら働けないし、内臓とっちゃったら、身体ガタガタになると思うんだよ。」

「それでね、去年たまたまこの新聞見てさ、この笑顔と内容読んで、「これだ!」って思ったの。だからね去年の年末にお宅へ行ったんだけど、留守でさ。それでまた別の日に行ったら迷っちゃってさ。そんで、今回電話してきたんだよ。」

「ナビもスマホも使えないから、息子がね、電話番号だけ分かればなんとかなるっていうからさ。それだけ持って出てきたんだ。3回目でようやく来れたよ。」

そういって、鉛筆で電話番号が書かれた私たちを紹介してくれている「ちいき新聞」を見せてくれました。

それは、半年以上前に発行された新聞でした。

 

「俺さ、本当はいつ死んでもいいんだけど、趣味があってね。それをね、老人ホームに行って披露するんだよね。」

「俺も老人なんだけどね(笑)。けどさ、頼まれたら行くでしょ。」

「そしたらさ、この前ね、人生で一番恥ずかしかったんだけど、「冥途の土産にサインが欲しい」って90のばあさんに頼まれたの。恥ずかしいでしょ。けど頼まれたから書いたんだよ。」

「だからさ、もう少し頑張って生きたいんだ。喜んでもらいたいし。これで少し生きながらえるかな?」

「お酢が無くなったらまた来るよ」

サインの話を恥ずかしそうにした後、素敵な笑顔で帰られました。

 

また、元気な「今から行くから!」のお声、お待ちしています。

ご愛飲者様の声

「ご愛飲者様の声」を更新しました。

 

おかげさまで、お客さまのお声を直接頂くことが増えております。

私たちの励みになることはもちろんですが、お客さまのお役に立てていることを知ることができる。

これは造り手としてありがたく、これ以上の安心と喜びはございません。

 

どうぞ今後とも、皆さまの声をお聴かせください。

お声を頂く形態によって、ご返信できない場合もございますが、全てありがたく読ませていただいております。

心よりお待ちしております。

事に仕える

 先日、これまで対応したことないお仕事の依頼をいただきました。

 詳細が決まるにつれ、ご注文通りにお応えできるだろうかという不安が生まれました。そして、中途半端にやるよりは、取引先にお手伝いをお願いする方が良いのではないか、とさえ思いました。

 ですが、「お客様はなぜ私たちにご注文下さったのか。」と考えたときに、「できる」「できない」ではなく、お客様の気持ちに「応えたい」という気持ちが固まり、ただそのために動きました。そのうちに、「できる」という確信が生まれ、その仕事をすることがだんだん楽しくなっていったのです。

 作業しながら自分たちの仕事の幅が増えていく実感ができ、この仕事をご依頼くださったお客様にそのことへの感謝が生まれました。

 

 すべての発送を終えたとき、ふと頭に「仕事とは、事に仕える(奉仕する)、ということ。そこに私情を挟んではいけない」と教わったことを思い出しました。

 もし、不安を抱え、自分たちの都合を考えて行動していたら、きっとこのような気持ちは生まれなかったと思います。

 私たちの仕事は、お客様に安心をお届けすること。それは柿の神髄をお届けすることだけではないということを、教えていただきました。

2 コメント

ご縁をありがたく

お客さまからお手紙やお電話をいただくことが度々ございます。

私たちに気持ちを伝えるためにお時間を作ってくださったこと、気持ちのやり取りができることに、心から感謝しております。

文面やお電話から細やかな心遣いと、お客様の豊かなこころもちに、こちらが恐縮し学ばせていただくことが多いです。

そして、先日は出店先にお客様が自作のレシピを届けてくださいました。

本当にありがたいです。

柿の神髄が運んでくれた、たくさんのお客様とのご縁は、私たちがこの仕事をする一番の励みであり、理由でもあります。

このご縁が続いてくよう、出会ったことが良かったと感じてもらえるよう、私たちは良い物を造り、届け続けていきたいと思います。

0 コメント

雪の朝

今朝は一面の雪景色でした。

木々に積もる雪が太陽に照らされている姿は、見とれるほど美しいですね。

今朝、息子たちを送った帰り、山道の先に輝く光が綺麗で、つい写真を撮りに立ち止まってしまいました。雪の粒がおちてくるので、危ないですからお勧めしませんが(笑)

 

家に着いてから、販売当初からご継続いただいているお客様から、医師からこの病歴でこの体調は奇跡だと言われて、柿の神髄のおかげだと家族で話しているんです、というご連絡をいただきました。

お客様の生活習慣の賜物ではございますが、柿の神髄がお役に立てたのであれば、これ以上の喜びはございません。

自分のことのように嬉しいです。 

 

継続は力なり。柿の神髄の力がたくさんの方に届きますように。


0 コメント

自然のチカラ

「柿の神髄を飲んでから人生が変わりました」

というお電話を頂きました。

 

柿の神髄は自然食品です。

足している成分も、引いている成分もありません。

そしてこれらの成分が、すべてバランスよく保たれています。

この活きてる自然が織りなす全てを摂ることで、身体が活きていく。

それが自然のチカラだと、酢之宮は思います。

  

「なんか調子がいい」「活きる気力がわいてくる」「朝起きるとしあわせな気分になる」

このような包括的なお声を頂くことの方が多いのは

柿の神髄が持っている自然のチカラを、身体全体が感じてくださっているのではないかと思います。

 

お電話をいただき、身の引き締まる思いと、お客様の人生に関われた喜びを感じました。

酢之宮はこれからも自然のチカラを大切にして醸していきたいと思います。

0 コメント

生きることは活きること

お客様からお野菜をいただきました。

柿の神髄を1年半お摂り続けてくださるお客様で

最近ではご自分で畑を耕し始め、無農薬野菜を育てていらっしゃいます。

工房においでになるたびに、笑顔とお声の張りが増して

お話していて楽しさと嬉しさがこみ上げてきます。

柿の神髄を摂り始めて、「自然のありがたさ」

「土をいじることの豊かさ」、「食べものの大切さ」を

感じるようになったとおっしゃっていました。

柿の神髄がこのような形でお客様と関われることは感謝に堪えません。

生きることは活きること。

お客様が活き活きされていることが、柿の神髄の存在理由だと感じます。

0 コメント

お手紙を頂きました

お客様から絵手紙をいただきました。

 

一筆一筆描かれた絵手紙をじっと眺めていると

じんわりと熱くこみあげてくる何かを感じました。

 

 

大切な人を想う気持ちが届きますように。

 

 

遠路はるばるありがとうございます

10月に入り、今年の柿酢仕込みも本格化して参りました。

3年後の柿の神髄を想いながらの作業の最中、東京からお客様がいらっしゃいました。

ご夫婦共に庭の果樹から穫れた果物で色んなものを手造りしているそうです。

手造りの楽しさと大変さを話す笑顔がとても素敵なご夫婦でした。

 

私たちもその笑顔に励まされ、仕込みを頑張ろうと思いました。

 

0 コメント

身体の声を聴いて下さい

「いつ摂るといいの?」

 

お客様から良くお尋ねいただくことのひとつが、『柿の神髄』を摂るタイミングについてです。

 

『柿の神髄』は調身酢です。

くすりではございません。

お客様自身でお身体をメンテナンスしていただくためのものですので、お客様がお感じになった体調に合わせてお摂りください。

毎日お摂り頂くことで少しずつ体調を整えてくれます。

 

例えば…

いつもより疲れが残っていると感じたら、おやすみの前に。

胃腸の調子が疲れていると感じたら、お食事前に。

風邪を引きそうだと思ったら、いつもより多めに。

暑くてバテそうだと思ったら、お水に入れて持ち歩くのも。

 

『柿の神髄』は、その摂り方をご自身のお身体で判断いただく商品です。 

いつでも自分らしく快適に過ごすことができるよう、ご自分の体調を整えていただくための一本に。

酢之宮はその想いでお届けしております。

0 コメント