カテゴリ:2018



酢之宮では切り干し大根を毎年作っています。 切り干し大根は裁断後ふかして干すのが一般的ですが、酢之宮では加熱はしません。 1cm角の太い切り干しを1週間以上天日に干して、柿の神髄でつけると、コリコリとした食感でとても美味しいんです。 無農薬大根を天日干しにすることで、カルシウムも増えるし栄養も濃縮されますね。...
小泉幸道先生と奥様。右は代表です。
今年出来上がりました柿の神髄の出来具合を見ていただきに、お酢博士で有名な東京農業大学名誉教授小泉幸道先生のお宅を、今年も訪問させていただきました。 奥様と一緒にお出迎えしてくださり、気さくで温かいお人柄にいつの間にか緊張もほぐれ、お食事をいただきながら、いろいろなお話をさせていただきました。...
全国の書店にて近日発売されます「千葉のおいしい手みやげ」に紹介されております。 ぜひご覧くださいませ。 時間と手間をかけてつくられた柿の神髄は大切な人を想うチカラになってくれます。
先日、一通り作業が終わり工房を出ようとしたら、障子にスズメバチがいることに気が付きました。 しかも4匹。なぜか2匹づつくっついたまま離れません。 どうしよう。。。スプレーなどの薬剤は使えないし、追い出すにも近寄れない。。。 考えました・・・! 囲炉裏に湿った薪を燃やして燻しました。 窓を開けたらあっさり飛んでいきました~。...
秋も深まり寒暖差を感じる季節になりました。 酢之宮醸造所がある山を下りて、香取神宮と反対側に進むと「小江戸佐原」といわれる場所がございます。 小江戸佐原の町並みと称されるこの通りは、小野川沿いに枝垂れ柳が植えられている風情ある通りです。 映画やドラマ、CMなどにも数多く使われているため、見かけたことがある方も多いことと存じます。...
仕込みが終了しました。 今年は柿の集荷量が日によって差があったため 余裕をもって作業することができました。 日数だけでみると、仕込みの期間はわずか2,3週間ほどです。 ですが、この時期しかできない、この時期だけはと、この数週間を軸に一年を過ごしているような氣がします。 元氣に発酵してくれていることに感謝して、仕込み作業を終えたいと思います。
仕込みも最盛期を迎え、朝から暗くなるまで柿・柿・柿です。 今年は柿の集まりが悪く、例年の半減かと思われた仕込み量でしたが、ここにきて集まり始めました。 ほっとしたのが本音ですが、いつ、どれだけとれるのか農家さんでも分からないほど自然の動きは読めません。 うちに来てくれたことに感謝しつつ、柿と向き合うことを楽しんでいます。...
来週から仕込みが始まります。 8月9月は西日本、北海道と予想を超える自然災害が起こりました。 自分たちに何ができるのか。何をすればよいのか。 考えました。 災害に合われた方、ボランティアの方はもちろん、その周りを支えている方々… 願うのは心と身体が元気でいること。 現況から生まれるいろんな想いを形にするチカラが湧いてくること。...
秋の味覚といえば秋刀魚を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 今年は秋刀魚が豊漁だそうですね。 旬のものにはエネルギーがあります。 酢之宮でも早速秋刀魚をいただきました。 食べる前に柿の神髄を一振りしますと、旨味が増して美味しくなります。 柿の神髄と秋刀魚、ぜひお試しください。
毎日暑いですね。 簡単で美味しいドリンクレシピを紹介します。 夏バテ、熱中症予防にぜひお試しください。 簡単で、胃腸に優しいので、疲れた胃腸にもお勧めです。 <柿の神髄入り甘酒> 材料:柿の神髄    甘酒(麹がお勧めです)    お水(炭酸や豆乳でも美味しいです)...

さらに表示する